「私たちのめざすもの」
       
      TNDは今後堂本食品の第三工場的役割ににプラスアルファして、

 OEM、海外輸出用の自社アイテム・他社アイテム、野菜の加工(一次加工)、異物選別などを製造していく拠点となります。

 堂本食品のグループの生産拠点でありながら、商社や食品メーカー様の問題を解決したりする工場そして「食のソリューションカンパニー」を目指します。
  商品開発
       
      世界40社以上のパートナーとの連携、120品目以上の製品加工経験、120品目以上の原料・調味料の取り扱いにより、お客様のビジネスに合わせた独自の製品設計や、お客様の用途に合わせた製品のご提案をさせて頂きます。海藻、野菜、さつまいも、魚、貝などを原料としたチルド商品、殺菌商品の開発実績があります。

当社の製品開発は、お客様のご要望、食品の安全性、科学的手順、スタッフの創造性に基づいています。製品の外観、味、におい、配合は、本国およびタイの研究開発スタッフが設計・調整し、販売先の消費者の行動に適合することを確認してから、お客様にお届けし、最終承認を得ることとなります。私たちは、よい製品開発がお互いの利益となり、お客様にソリューションを提案することが私たちの仕事であると考えていますので、研究開発プロセスに費用はいただいておりません。
image
image
  生産
       
      生産ラインのすべての機器は、生産エリアの衛生状態を維持するためによく設計され、選択されています。食品に直接触れる機器表面には、ステンレスなどの食品用素材が使用されています。各工程は、製品の安全性と品質を保証するために、重量、白色度、pHなどの必須パラメータが記録され、よく監視されています。私たちの施設は、飲料水、電気、圧縮空気、蒸気、排水処理などの様々なインフラを持っており、将来的に投資する可能性のあるすべての種類の機械や装置をサポートすることができます。私たちは、現在の製品に使用している多くの処理装置を持っており、以下に説明するように、あなたの製品にも適用できるかもしれません。
Pre-treatment tank

 前処理タンク
      前処理タンク  前処理槽は、脱塩、ブランチング、冷却の工程で使用されます。直接の熱媒体として蒸気を使用します。蒸気を作るための水は、飲料水と同レベルの水質です。また、重い異物を除去するためのバブリングチューブが装備されています。

Mixer

 ミキサー 
      包装前の各種固形原料の混合に適したサイズとパドル形状を採用しています。

Packing_Machin

 包装機   
      30gから3kgまでのパウチ製品を真空・窒素ガス充填の両方で封入することができます。

Selection Area

 選別部 
      選別作業はステンレス製のテーブルの上で、十分な照明のもとで行われます。

Silent Cutter

 サイレントカッター、スライサー、裁断機 
      食材はミンチ、ダイス、スライス、ストリップなど様々なサイズにカットすることができます。

Clam treatment line

 アサリ処理ライン
      バブリング、X線、目視による検査など、独自の設計による生産ラインにより、アサリの異物を除去します。

Fryer and roaster

 フライヤー、ロースター
      フライやロースト加工も可能です。

kettle

 ケトル 
      スチームジャケット釜による間接加熱で、調味汁や佃煮の調理が可能です。

Vacuum Cooler

 真空冷却器   
      無水ですぐに冷却する必要がある調理済み製品は、この機械で冷却することで、完成品の品質を向上させることができます。

Water Immersion Retort

 水浸式レトルト 
      ポリ袋などの軟包装の内圧による破損を防ぐため、過加圧状態で殺菌することができます。殺菌温度は70〜120℃と広範囲に設定可能です。また、温度や処理時間などの監視・検証を行い、食の安全を確保しています。

X-ray

 金属検出機とX線検査
      出荷前に金属探知機とX線検査で異物を再確認。

T-F4

 冷蔵室・チルド室 
      原材料や製品の保管には、冷蔵室(-18℃)とチルド室(0~8℃)を利用できます。.

Waste Water Facility

 水設備
      タブ水は、オゾン処理、マンガンゼオライトフィルター、活性炭フィルター、フィルター、塩素注入を経て、工場内の各所に供給されます。スープに使用する水や製品に直接供給する水は、さらにROシステムでろ過され、塩素投与は行われません。

14. Waste Water Facility

 排水設備
      生産ラインからの排水は、工場エリア内のMSABPシステムで処理された後、工場外の他の工業団地の排水処理施設に送られます。

  原料
       
      日本では機械では到底できないような特殊な異物除去も、弊社工場では訓練を積んだ作業員が行っています。弊社工場はフリーゾーンに位置しているため、あらゆる種類の原材料を輸入し、弊社工場で加工することが可能です。
また、日本製の調味料や添加物を本国から直接仕入れることも可能で、その価格は日本での卸値と同等です。
Raw Meterial Treatment
Raw Meterial Treatment
  品質
       
      現在、GHP、HACCP、ISO9001:2015のシステムを導入しています。2022年には、FSSC22000システムに準拠するために品質システムをこうしんいたします。製品は、社内の検査室にてェックしています。
各工程には製造標準文書と記録がございます。  タイ工場は、日本の本社工場と同じ基準で運営をおこなっております。30年以上前から日本向けに製品を製造・販売しており、その品質はMade in Japanの製品と同等と言えます。

 私たちは堂本食品の第三工場としてこれまでやってきました。 その30年間で培った日本基準のレベルの向上であります。(made in Japan)

大手コンビニエンスストア様をはじめ、生協様を中心とした商品基準を達し、日本国内の同業他社と比較しても高い水準にあると自負しております。

今後提供させていただく商品の品質はまさに日本クオリティーです。

私たちにできることや手伝いできること

私たちはこれまで異物除去やアイスクリーム作り、海産物や農産物の半製品の作成、和惣菜をはじめとする業務用惣菜など様々なものを作ってまいりました。

お客様の海外進出の手助けをはじめ、テスト製造、テスト販売、オペレーションの簡素化そしてお客様の要望に合った商品の企画提案をしてまいります。
image
image
  輸出について
       
      私たちは、日本、シンガポール、ベトナム、マレーシアに完成品や半製品を輸出をおこなっています。原産地証明書(フォームD、フォームAJCEP、フォームRCEP、フォームJTEPAなど)、自由販売証明書、仕様書など、通関や輸入に関する問題に必要な書類を作成することができます。
Export
  販売支援ページです。
       
      Thai Domoto Co.Ltd.(タイ)は、東南アジア地域における当社の販売代理店です。弊社製品をロジスティックに効果的なルートでお客様にお届けするためのお手伝いをいたします。
image
image
Powered by MakeWebEasy.com